懐かしい

  • 2020.04.05 Sunday
  • 12:41

用事があってコンビニへアビ氏が行ったとき、

偶然隣り合わせた方が

 

 

 

なんと!

 

 

 

昔懐かしい初期のスレイヤーのペンダントをつけていらっしゃり

思わず声を掛けて写真まで撮らせて頂きました。

 

 

10数年前に大須のお店で気に入って購入され、お気に入りで

いつもつけていらっしゃるとのこと。

 

 

 

こんなデザインありました。

シルバー黄金時代ですね。ゴリゴリの良いデザインが沢山ありました。

 

巷にも溢れていましたね。

先日もシルバーをこよなく愛する京都からのお客様がいらっしゃり

シルバー談義ずっとしていました。

 

 

 

長い間使って頂き、ありがとうございます。

 

また最近はラインによるシルバーや革の修理の問い合わせがあり、

スレイヤーの指輪をお直しして宅配便にておくりました!

 

お客様よりメッセージを受け取りました。

 

 

ありがたいです。

 

色々小売業大変な時代ですが、こうやって大切に使ってくださる

お客様の声を頂くと本当にうれしいです。

 

現在修理・修繕絶賛受付中です。

お気軽にライン等でご連絡ください。

 

 

ライン追加の仕方

 

 

 

 

 

 

オーダーペンダント

  • 2020.03.28 Saturday
  • 18:33

チームペンダントオーダーお渡しできました!!

 

お客様のチームのロゴペンダントで、ロゴの忠実さとそして、

重厚感を大切にしました。たっぷりとシルバーの重みを味わってもらい、

そして、大切なチームペンダントを末永く使っていただきたいです。

 

 

 

 

 

シルバーの渋み。

シルバーにしか出せないつけて分かる重厚感。

 

チームで注文頂きありがとうございます。

 

お見積もりやデザインなど、お気軽にご連絡ください。

 

コードバン

  • 2020.01.09 Thursday
  • 17:54

コードバン入りました!

 

コードバンとは、形からも分かるように馬のお尻の部分を使用した革です。

薄いのに強さは牛革の3倍といわれています。

 

革は断面図を見ると細かい繊維が絡み合ってできています。

薄い財布は使いやすいと薄い財布を使うと、後ろにポリエステルが

張ってあることが多いですが、それは破れを防ぐためのものでも

あるのです。

 

厚い革を使って作られた財布は使いづらさはありますが、

使用することで圧縮され、繊維がドンドンつぶされて

薄いけど強い革になるのです。

 

しかし!!!

 

このコードバンと呼ばれる馬のお尻の革は元々

薄いのに強いという優れもの!

 

インターネットを見るとコードバンと書かれていて

よく見ると牛革なんていうのもあります。

これは艶の革をコードバン、特にランドセルなどで

艶あり、黒の革をコードバンという風になってしまった

ようですが、牛革はコードバンではありません。

 

また現在のコードバンと呼ばれる馬革でも

エナメル質のものを上塗りし、コードバンと

呼ばれることもありますが、本物のコードバンの

艶は職人が磨き上げることで出来上がる

艶なので、エナメル質のインクを上塗り(顔料)しただけの

コードバンはかっこいいエイジングとはならず

上塗りのお化粧をつけている革になります。

 

顔料が悪いというわけではなく、どちらが使用していて

好きかという選択肢の一つにもなります。

顔料コードバンはエイジングを楽しむというより

綺麗に使い、都会的なイメージです。

 

今回入った馬革はアニリンコードバン。

一切上塗りなしの染色のみのコードバンです。

このタイプのコードバンは使って行くことに

もっと艶が出てエイジングには持って来いの

革。

ただしヌメ革などと同じなので、傷やスレなどは

どうしてもでます。

合皮などと違って、そうなっても使い続けることが

できるのが革の良さです。

傷ができたりするのをエイジングと理解し

使って行くことが大切です。

 

 

 

ジャパンクォリティーの革!

是非、コードバンのエイジングウォレットいかがですか?

 

白い部分は財布を作るので

残りはウォレット1個です。

ご希望の方はお早めにー

 

 

 

写真の整理と心の整理

  • 2019.12.13 Friday
  • 16:55

突然PCが壊れてしまい、気を失いそうなKUMIKOです。

 

パソコンがないと仕事ができないので、早速違うPCで

働いているのですが、古い写真がどんどん出てきて、

整理しています。

 

先日長く通ってくださるお客様が来てくださり、結婚宣言を

され、ほっこりしたところです。

とても若い時から通ってくださっていて、そんなに

年を重ねたものかとびびりましたね。

 

パソコンから出てくる画像もその通ってきた道をたどるようで

アルバムをめくっているようでした。

それにしてもシルバーや革製品をたくさん作り出しました。

一度ちゃんとアルバムにしてネットでUPできるように

なればいいですが、これには数年かかりますね。

 

 

こんなのつくったなーーーーもの・・。

 

 

なつかしす。

 

皆さん寒さが増しております。

体調ご注意を!!

 

 

 

 

蛇蛇

  • 2019.05.10 Friday
  • 14:38

先日より有限会社シルバーアビのHPをせっせと

リニューアルしています。

 

今月中には作成終わらせたい。

後工場風景の動画も作成中。

簡単に動画って見てますが、すっごい大変なんですね。

ヒカキン尊敬。

 

パソコン作業がとても多くて、肩こりが激しく

しかも、ROUGANが始まりましたよ。

ひどく始まりました。

ピントが合わなくて時間がかかる。イライラ。

舌打ちの頻度があがります。

 

先日より、お持ちのレザーのジャケットに蛇革追加してくださーい

っていうカスタムを承り中でした。

 

 

 

黒の糸が見えにくい。

夜の作業はできませんね。黒の糸に黒の革とか最悪です。

 

それはさておき、まあまあパンチの効いたジャケットに

なりました。

シンプルなブラックレザーでしたが、型を蛇に交換するだけで

こんなに雰囲気が変わるんですね。

 

肩部分は伸び縮みがあるので、シンプルだけに難しい箇所なので

結構苦労しましたが、その分かっこよく仕上がってよかったです。

お客様が喜んでくれるのが一番うれしいですね。

 

最近革やシルバーのお直しは結構頻繁にいらっしゃいます。

できないものはできないですが、できるだけ使えるように

そしてリニューアルすることでまた新しい気分で使えるようになりますよね。

そうなるとモノも喜びます。

 

そういう風に末永くモノを使っていけるといいですね。

 

 

 

 

 

 

リフォーム

  • 2019.03.24 Sunday
  • 11:50

最近はこんなんできる?

っていう持込のものも多くなり、

ベストの横の部分紐で縛りたいリフォームなんか

できるの?

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

ムズカシイっす。はい。

 

 

手間です。

はっきり言ってこういうの材料費より手間賃です。

 

だって自分でやれば時間をとられるだけで

ただっすからね。

 

でもできないって人がいるのでその気持ちに応えるだけですね。

 

お世話になってる人とか困ってる人とかみたらできないって

いえないです。

でも無料じゃできないのでお金をいただくことになるんですよね。

 

結構な作業量なんですよ。簡単そうに見えますが・・。

 

 

今回のリフォームは、こちら

 

 

脇が閉まっているので、少し厚めのアウターとかきると

パッツンパッツンになるらしいんで、脇を開けたいとのこと

 

 

ベストを切って、革を縫いつけ、そんで最後はダブルステッチ。

 

 

 

チクチク、ぬいぬい

 

 

完成です。

 

全部革で補強し、金具もつけて、紐で縛って完成。

 

 

 

 

 

 

結構な作業時間でしたわ。

 

でも喜んで頂いてよかったです。

簡単そうにできるリフォーム、だけどちゃんと作成しますから

時間はかかるんです。

 

現在のクロコダイル情報

最近藍色がんばってます。

藍色で染めることによりジーンズのように使えば

使うほどかっこよく、味のあるカラーになっていきます。

 

外国で言うインディゴブルーです。

タイの現地でも昔から使われて生きた色合いです。

 

なんともいえない色目ですね。

職人が何度も挑戦し試したカラーです。

 

こんな財布素敵ですね。

職人が手で染めたインディゴブルーのクロコダイルウォレット

いいですね。

 

 

明日の月曜日からタイへまた出張するので、

この素材で色々試せるせるのが楽しみです。

 

オーダーメイド

  • 2019.03.09 Saturday
  • 13:14

 

形が気に入っていてもサイズが大きいのがいい!!

 

そういうことってありますよね。

 

もともとのデザインはこちらです。

 

大きさバチカンいれても40cmこぶりのペンダントです。

 

それが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさわかりにく・・・・・・

 

撮影失敗。

 

比較するとこんな感じぐらいちがいます。

 

 

 

 

 

1から作りました。

 

バチカンにも石を入れて、グレードアップ。

大きくなりインパクトもでました。

 

最近はメッキの安いリングを持ってこられて気に入っているから

シルバーにしてほしいなど、さまざまなお問い合わせがあります。

 

こんなんできないかな?とか色々お問い合わせ受付中です。

 

基本ラインがつながりやすいです。

 

過去のブログに詳細あります。

 

自分だけの頂点の好きなもの作れるといいですよね。

是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ミドルウォレットヒマラヤン

  • 2019.02.28 Thursday
  • 16:21

 

 

ミドルウォレット好きな方たまにいらっしゃいますね。

 

意外と使いやすいんですよ。

 

細部までこだわった作り方。一番後ろはわざわざ黄色の革を取り寄せました。

使いやすく、だけどかっこよく。

 

部位もこだわり、ミドルに合わせてクロコダイルの大きさにもこだわりました。

 

ごつごつしすぎず、でもインパクトは残したい!

カードは少なめにでも、入れるところには入れたい!

 

みなさん!!こだわりすぎです!!

 

作るときに職人困りますからっっ。

 

でもそれをやってしまうのがスレイヤーです。

 

最近はオーダーが込んでいますのでいつもより時間がかかっております。

すみません。

 

一個一個型を作って、一個一個革を選び、一個一個染め、

職人が手作りで作っています。

 

最後の後ろの黄色革、気に入ってます。

職人が何で黄色なの?って何度も聞いてました。

 

 

ベスト完成

  • 2019.01.25 Friday
  • 18:00

もうひとつベストが完成しました。

 

遠方のお客様でlineなどで打ち合わせを重ね完成いたしました。

 

バックの3Dインレイが手作業だったのでとても時間がかかり、

またエッジも全てインクで染色し、作業量はダブルステッチを全て

縫うのだけでも丸3日はかかりました。

 

もちろんクロコダイルは染色から行っているので、

ダークブラウンの美しい色合いを出すことができました。

 

 

オーナーアビ氏による着用図。

 

ブラックもいいですが、ブラウンも渋いですね。

ブラウンでもこのカラーはとてもよいブラウンです。

スレイヤーファクトリーの染色チームに脱帽ですね。

 

また縫製チームも負けていません。

ゼロから作り上げていく過程は圧巻の一言です。

 

 

お客様に作成したものがどこから来て、どのように染色され

どのように縫製され出来上がるのか。こうして最初から最後まで見ることが

できるて、説明できることは本当に幸せであると同時に

身が引き締まる思いです。

 

長い間お待ちいただかないといけませんし、イメージ画像を作成

した時点でそのイメージ画像よりもかっこよく、ご納得頂ける

作品を目指しています。

 

また今回はコンチョも合わせて作成したので、

シルバー製品も作成しているスレイヤーなのでできると自負しています。

 

一生に一度のベストをオリジナルで是非どうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経年変化

  • 2018.10.27 Saturday
  • 15:25

 

久しぶりー。

 

遠いところにお嫁に行った娘に会う気持ちですね。

いい色艶になって戻ってきましたね。

 

愛情をいつもたっぷりもらっているねー。

 

ものをみるとあーいつも触っているなーとか

大事にしていらっしゃるなーって言うのがとてもよく分かります。

 

特に革をなめして、染色して、作成しているので

出来上がったときはすごい自分でも愛着がわいてしまっているので

オーダーで受けたものでもやはりこれはなかなか

手放したくないってなるんです。

 

 

 

 

あのヒマラヤンがここまであめ色と艶がでて、

最初は白かったですが、使っていき、経年変化すると

生きていた状態の様なカラーに近づくのは

なんか深いです。はい、深いです。

 

ワニ革は数年前に某有名ブランドの携わっているワニ工場

の様子がyoutubeに流され、結構な騒動になりました。

 

あの工場はどうなのか詳しくはわかりませんが、現在流通される

クロコダイルは正規の取引ならば全て養殖です。

養殖以外のものは違法な取引になります。

 

うちのクロコダイルも養殖業者によって育てられ

皮は革として加工し、肉は食用として流通し、

血液も食用として使用し、骨は乾燥し、粉末にして

保存して、現在利用法を模索中です。

 

捨てるところは一切ないんです。

 

現在ジビエ革と言われ、農業被害を出している猪や鹿を肉は食用として皮は革として加工する

流通が期待されています。

ワニも現状、養殖として育てられていて、自然界は戻すことは容易ではありません。

 

可哀想というのはとても簡単です。

私たちは地球に動物と共存していかなくてはいけません。

革加工は人間が進化する過程で身に着けてきたすばらしい技術です。

 

プラスチック問題が現在はテレビをにぎわしていますが、紙ストローになったところで

一時期話題だった森林伐採問題はどうするんでしょう?

革製品が可哀想なので、合成皮革にすればよいのでしょうか?

 

人間は罪な生き物です。

ただ可哀想では済まされないところまで今私たちは進んでしまっています。

人間は罪な生き物であると同時に考えて何か行動もできます。

正直私にも何が正解か分からないのは事実です。

ですがこれからも大切な地球や動物と共に生きていきたい気持ちはずっとずっともっています。

 

ですから現在はヒマラヤンクロコダイルのように植物なめしといわれる木の汁で加工する方法で

日々研究し、職人とどうすればよいか格闘しています。植物なめしについてはまた違う日に

説明しようと思っています。

 

またさらにHPをリニューアルして、もっと詳しく分かりやすいように説明できるように

したいので来年の春には新しくする予定です。ご期待ください!!

 

今後さらに研究して、植物なめしのみのカラーリングでクロコダイル革を加工していきたいと

思っていますので、これからも是非是非スレイヤー、スレイヤークロコダイルをご期待ください。

 

ちょっと年を取ったのでしょうか・・

熱くなることが多く、煙たがられます。

 

愛犬が一番話を聞いてくれます。

 

いつもありがと

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM