ビックサイズ

  • 2017.09.24 Sunday
  • 11:29
本日から工場勤務


早速革情報。
大きなクラウンが入りました。
まだ原皮なので加工には時間が
かかりますが、もしご興味ある方はご連絡くださいね。

大きさがクラウンが現時点で16cm
胸幅は88cmぐらいです。
鞣すともう少し大きくなるはずです。
色は現在選んでいただけますが、
多分今後黒になる確率が多いです。
たった一枚だけなので、是非ご検討よろしくお願いします。















レザーカービングとは。

  • 2017.09.10 Sunday
  • 14:56

AVISILVERSのレザーカービング方法です。

 

とても原始的な方法ですが、型押しでは出せない深みや温かみがあります。

 

1.下絵を描いて、それをトレーシングペーパーに写します。

 

 

2.その後、濡らした革を下に引き、その線をなぞります。

 

 

3.トレーシングペーパーを取ると、なぞった跡がつきます。

 

 

 

 

4、それを専用のナイフで深く溝を入れていきます。簡単なようですが、線は一気に引かないと

  途中で途切れたり、深さが均一でないと不自然な絵になってしまいます。画像は途中の光景

  ですが、全ての絵をナイフで溝をいれます。

 

 

5、次は専用の工具で溝の部分を滑らかにしていきます。工具は絵の形状によってことなるので

  何十もの工具の中から選んで、専用のハンマーで叩いて彫りを深くしていきます。

 

 

 

6、作業は続きます。

 

 

 

7.堀が深くなり、絵としても最初の感じとかなり雰囲気がよく、陰影がしっかりと

  でています。

 

 

染めが入る場合は以下の通りです。

 

 

 

レザーカービングはとても時間のかかる作業です。一回間違えてしまえば、直す事が難しいので

職人にとっては大変集中力のいる作業です。

AVISILVERSの職人集団でもできる職人は限られています。

カービングにも色々な値段があるのは、その職人の技術料ということにもなります。

レザーカービングナイフによる革の滑りやすさなど革を選べば選ぶほど金額が高価になりますし、

絵が細かければ細かいほど作業時間にも関わってきます。

 

最近は大きな版でガチャンとするものも出てきましたが、やはり職人が時間をかけて

作成したレザーカービングは全くもって違う出来上がりです。

 

最近はクロコダイル推しになってきていますが、AVISILVERSはレザーカービングも結構イケてます。

 

 

以下は作成動画です。

 

イラスト

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 17:11
公式ホームページに説明を乗せるべく
ワニのなめしについて色々説明しています。

まだまだ途中ですが、出来次第順次
掲載します。

わかりやすくどの様に革が出来上がるのかみて頂きたいと思いまして。

少しでも身近に感じて頂けたら嬉しいです。

スティングレイー

  • 2017.01.29 Sunday
  • 16:37

最近人気のスティングレイ。

 

少し革が入りました。

 

小さいのから大きいのまで、そろっていますのでもしご希望の方がいらしたら

数が少ないのでお早めにお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y (07/05)
  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y#3590bisket (07/04)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM