ジッパーウォレット

  • 2017.09.29 Friday
  • 08:52

ジッパーウォレットは、最近ウォレットの中でのとても人気のアイテム。

 

前は女性用によく使われていましたが、数年前ぐらいから男性もよく使うようになりました。

 

ただこのジッパーウォレット、作成がシンプルながら難しいんです。

ジッパーは真っ直ぐにならないと綺麗に開け閉めができません。

またスレイヤーのウォレットはバックボーンを使用したゴツイもの。

柔らかな素材ならまだしも、硬い素材でのジッパーウォレットの作成は本当に大変です。

 

最初に中身を作成し、後から外を取り付ける仕組みで作成しているのですが、

とても苦労したのが、ダブルステッチと中身を合わせることです。

 

 

ジッパーの布部分と平行に真っ直ぐ縫わないと、ジッパーは開閉しづらくなります。

またきつくしすぎると革が布部分を引っ張り、布が破れやすくなります。

なので全て手作業で縫い付けています。職人の手がかかることによって、

柔らかく、ソフトな手触りを実現しています。

 

またイカツイ背ワニを使用する時はまた特別な作成方法で作り、通常の方法とは

異なる独自に研究した複雑な作成方法を使用します。

 

 

そうすることで、しっかりした作りながら、手作業の柔らかさが残る作成方法になります。

 

 

これまでに何度もウォレットを解体し、研究し、また背ワニなどは一体一体微妙に曲がり方が

異なるので、その曲がりに合わせて、少しづつ型を変えいく方法に行き着きました。

 

工場への出張へは使用した財布を持参し、スタッフに説明しどこが使いにくいか、どうすれば使いやすくなるか

改善をしてもらいます。現地スタッフも改善についてはとても真剣に対応し、MADE WITH JAPANを

実行してくれています。

 

毎回上手くいくわけではないので、煮詰まった時は、工場の原付バイクでしばらく散歩をし、アイデアが出るまで

街中をぐるぐるすることもあります。現地スタッフの良さと日本人の良さを絶妙なバランスでミックスできるようなアイテムができることを願っていつもアイテムを作るようにしています。職人が財布を使ってもらう人を思って、財布を使う人が職人を思って、

使うことが私たちの願いです。

 

はっきり言って3歩歩いてはまた2歩下がってみたいな歩みですが、1歩は前進ができます。

たまには4歩下がることもありますが、そしたら5歩前進する様にします。

下がってわかることもたくさんありますからね。

 

そんな思いで日々工場で過ごしています。帰国までどれぐらい前進できるか楽しみです。

 

 

ビックサイズ

  • 2017.09.24 Sunday
  • 11:29
本日から工場勤務


早速革情報。
大きなクラウンが入りました。
まだ原皮なので加工には時間が
かかりますが、もしご興味ある方はご連絡くださいね。

大きさがクラウンが現時点で16cm
胸幅は88cmぐらいです。
鞣すともう少し大きくなるはずです。
色は現在選んでいただけますが、
多分今後黒になる確率が多いです。
たった一枚だけなので、是非ご検討よろしくお願いします。















出張の日

  • 2017.09.22 Friday
  • 15:37

本日の深夜便にて出発です。

パッキングやらオーダーやらでてんやわんやです。

 

みなさん店頭でもよく工場がご興味あるらしく、どんな感じなの?どうやっていくの?と色々

聞いて頂いてるので、ちょっと出張の事について説明しますね。

 

ほとんどの出張は、深夜便で出発し、現地に着いたら国内線に飛び乗り、

その後車で2時間の道のり。

無になって移動するので最近は遠いっていう感覚が無くなりました。

 

深夜の12時に出れば次の日の朝の10時に着く感じなら全然遠い感じはしません。

日本だって名古屋から鹿児島の奥地に行こうと思えば、それぐらいかかるか、

それ以上かかりますもんね。

 

でもやっぱり到着した時は少し安心。だって飛行機怖いです。そんで嫌いです。

国内線は特にめっちゃ小さくて、プロペラ機なので毎回毎回不安。

本当は陸路がいいですが、実際問題バスで10時間の道のりは正直毎回はきついです

。時間は買えるなら買いたい派です(せっかちなんで)

 

現地に着くとクロコダイルの見回りとかスタッフとの会話。工場長との話し合い。

養殖業連盟の人達と会ったり、県工業連盟協会の会合だったり、あっという間の

日々が始まります。

 

工場の場所はタイといってもラオスの国境に近いので、雰囲気的にはラオスに近い

ような気がします。

共通語はタイ語ですが、ラオスに近い事もあり、地元のスタッフはタイ語よりも

ラオス語に近い言葉を話します。

なので、タイ語よりラオス語が上手になりつつあるんです。工場長が英語を話す

ので基本は全て英語で解決しますが、できるだけ現地スタッフと会話をする事を

心がけていますので、勉強中です。

 

食事もともにしますが、激辛料理が多いので大抵お昼は同じもの、夜は出てきたもの

の中から辛くないものを選んでいます。

食べ物にあまり興味が無いほうなので、辛くない限り何でも食べます。

食べて苦手なら今後食べないですが、とりあえず口にするのがモットーです

ただゲテモノももちろんでてきますのでいけそうならいきます。

 

モットーはrespects everyone,どんな慣習、どんな風習でもとりあえず出向いたから

にはそれを尊重・尊敬したいと常々思っておりますので、そうすれば言語による意思疎通

ができなくても、ありがたい事にほとんどの方々はウェルカムしてくれます。

 

今回も色々な方々とお会いし、すこしでも良い発見ができるよう出張頑張ってまいります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

クロコレザー(なめし前)入荷

  • 2017.09.17 Sunday
  • 16:07

本日はニュースです。

 

クロコダイルレザーがわんさか入荷。

 

しかも染色前、なめし前なのでどのカラーにも変更可能。

 

もしご希望の方は連絡を下さればキープ可能です。

 

サイズは大体胸幅50cm程のものが多いので、

サイズ的にはロングウォレットのクラウンなんかにも最適のサイズですし、

胸幅50cmは肌質も大変良い状態です。

 

ただ数に限りがあり、ご希望に添えない場合もあるので、ご注意ください。

 

今月の23日より工場の方へ行ってまいります。

10/6からイベントなので、10/5には戻ってきますが、すぐに新潟のイベントへ

行くので、戻りは10日になります。

工場スタッフも首をながーくして待ってくれているので、会えるのが楽しみです。

 

もし現地へ行く前に聞いておきたい事などがあればご連絡ください。

クロコダイル革のこんなのが欲しいなどご希望承ります。

 

 

 

 

入荷したクロコダイル革画像は下の方にありますので、見たい方はスクロールしてくださいね。

結構なめし前のクロコダイル革のリアルな画像なのでご了承よろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



クロコウォレットUP

  • 2017.09.14 Thursday
  • 13:30

 

クロコダイルウォレットオンラインショップにUPしました→コチラ

 

もちろん全て一枚革のクロコダイル。

 

今回は内側がホワイトのものもあるので個性的なものをお探しの方はおススメです

 

 

 

 

 

ガルーシャウォレット再入荷

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 16:26

 

ガルーシャウォレット!!!(オンラインはコチラ

 

ご存知の方もいらっしゃいますが、こちらはエイの革のお財布です。

 

色々なガルーシャがございますが、AVISILVERSは自社で生産しているエイ革専門店から革のみを入手して

作成しておりますので、目が細かく高品質のみの革を使用しています。

 

革によりランクが分かれていて、AVISILVERSは最高品質のAランクで作成しています。

 

 

 

最近は動画も撮ってUPするよう心がけております。

 

もう少し撮影の腕があがるといいのですが・・・・・・・。

 

 

VIBES ミーティング苗場

  • 2017.09.11 Monday
  • 14:22

 

来月の10月7日から9日まで、

VIBESミーティングに出展いたします。

 

よって10月6日から9日まで(6日は設営)は大須店は、

一人体制になり、商品もかなり少なくなっておりますので

ご了承くださいませ。

 

 

2017Tシャツ

  • 2017.09.11 Monday
  • 14:03

 

秋の風が気持ちのよい季節になりましたね。

 

そんな中2017Tシャツ完成。

 

え?夏終わったのに?今頃?なんてざわざわしてます?

 

違うんです。

 

バイカーに季節は関係ないんです。

アンダーにロンT着ると一年中着れるTシャツ。

 

レザージャケットの下はみんなTシャツ

ライダースの下にもTシャツ

 

しかも今回はスレイヤー初のカラーバージョン。

 

絵柄はクロコダイルとバイクのコラボになっています。

 

    

 

 

 

 

 

リブもしっかりしていて、厚手のコットンなので、洗濯にも強い。

 

S.M.L.XLの4サイズ展開。

 

どのサイズも少なめなのでご希望の方はお早めに!!

レザーカービングとは。

  • 2017.09.10 Sunday
  • 14:56

AVISILVERSのレザーカービング方法です。

 

とても原始的な方法ですが、型押しでは出せない深みや温かみがあります。

 

1.下絵を描いて、それをトレーシングペーパーに写します。

 

 

2.その後、濡らした革を下に引き、その線をなぞります。

 

 

3.トレーシングペーパーを取ると、なぞった跡がつきます。

 

 

 

 

4、それを専用のナイフで深く溝を入れていきます。簡単なようですが、線は一気に引かないと

  途中で途切れたり、深さが均一でないと不自然な絵になってしまいます。画像は途中の光景

  ですが、全ての絵をナイフで溝をいれます。

 

 

5、次は専用の工具で溝の部分を滑らかにしていきます。工具は絵の形状によってことなるので

  何十もの工具の中から選んで、専用のハンマーで叩いて彫りを深くしていきます。

 

 

 

6、作業は続きます。

 

 

 

7.堀が深くなり、絵としても最初の感じとかなり雰囲気がよく、陰影がしっかりと

  でています。

 

 

染めが入る場合は以下の通りです。

 

 

 

レザーカービングはとても時間のかかる作業です。一回間違えてしまえば、直す事が難しいので

職人にとっては大変集中力のいる作業です。

AVISILVERSの職人集団でもできる職人は限られています。

カービングにも色々な値段があるのは、その職人の技術料ということにもなります。

レザーカービングナイフによる革の滑りやすさなど革を選べば選ぶほど金額が高価になりますし、

絵が細かければ細かいほど作業時間にも関わってきます。

 

最近は大きな版でガチャンとするものも出てきましたが、やはり職人が時間をかけて

作成したレザーカービングは全くもって違う出来上がりです。

 

最近はクロコダイル推しになってきていますが、AVISILVERSはレザーカービングも結構イケてます。

 

 

以下は作成動画です。

 

カービング新作投入

  • 2017.09.09 Saturday
  • 19:43

新作カービング入荷です。(画像をクリックするとオンラインショップにつながります。)

 

カービングのあめ色具合がいいですね。

 

 

 

 

カービングは全て職人が手間をかけて、ハンドメイドにて行っております。

 

今その手順を順番にPCで整理してブログにアップするので、今しばらくお待ちくださいね。

 

今日UPの予定でしたが、時差ぼけで、時折強烈な睡魔が襲い、作業効率が半端なく悪いです(←言い訳)

 

明日には頑張ってUPしたいっす。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y (07/05)
  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y#3590bisket (07/04)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM